本文へジャンプメニューへジャンプ

トップページ助成金交付事業藤本倫子(ふじもとみちこ)こども環境活動助成基金

助成金交付事業
藤本倫子こども環境活動助成基金(藤本基金)

藤本倫子こども環境活動助成基金(藤本基金)について

 藤本倫子環境保全活動助成基金は、環境カウンセラーである藤本倫子氏からの寄附金をもとに2002年に設置されました。
 藤本倫子さんの、子ども達に対する「たくさん輝いて欲しい。自然の大切さをいっぱい感じてもらいたい」という強い願いを受け、子ども達が身近な環境に親しみ、自ら環境について考え、行動することの手助けとなるべく、子ども達の環境活動に対し、活動費の助成を続けています。

助成を申請できるグループと助成プログラムについて

小学生・中学生のグループ  ⇒環境活動おうえんプログラムに申請できます

 助成を申請できるのは、こども会、こどもエコクラブなど、5名以上の小学生や中学生によって構成されるグループです。友人同士によるグループでも申請ができます。また、中学校、小学校、保育園などの教育機関に対して助成を行うことはできませんが、それら教育機関の中に作られたクラブなど、生徒・児童が主体的に活動するグループであれば、そのグループで申請することができます。(企業、NGO等の団体、教育機関は対象になりません)

 <対象になる活動>
 次に掲げる要件を全て満たす活動を助成の対象とします。
 ①子ども達(小学生・中学性)が興味を持って自主的に取り組む環境活動であること。
 ②活動を通じて、環境に対する学びを得ることができる内容の活動であること。
 ③自分たちが暮らす地域の中で行われる活動であること。
 ④計画に無理がなく、安全に配慮されていること。
 ⑤定められた実施期間の間に実施される活動であること。
 ⑥イベントや学習会への参加・見学を目的にした活動でないこと。
>>募集要項(PDF:452KB)
>>助成申請書(EXCEL:53KB) リンク先を保存してからご利用ください。   記入方法(PDF:84KB)

幼稚園・保育園・認定こども園  ⇒自然体験おうえんプログラムに申請できます

 助成を申請できるのは、幼稚園、保育所、認定こども園です。園のこども達が、力を合わせて花や野菜などの植物を育てたり、園内や園の周辺の昆虫や植物などの観察をする活動を支援します。

 <対象になる活動>
 次に掲げる要件を全て満たす活動を助成の対象とします。
 ①園内もしくは、園の周辺地域で行われる活動であること。
 ②園児が積極的に参加できる活動であること。
 ③花や野菜などの植物を育てる活動または、植物・動物や、それらを取り巻く環境を観察する活動であること。
 ④計画に無理がなく、安全に配慮されていること。
 ⑤定められた実施期間の間に実施される活動であること。
>>募集要項(PDF:452KB)
>>助成申請書(EXCEL:50KB) リンク先を保存してからご利用ください。   記入方法(PDF:72KB)

2019年度の募集について

 助成を申請できる応募期間(消印有効)の間に、助成申請書(決められた申請書の書式をご使用ください)を事務局までお送りください。書類審査の上、文書にて結果をご通知いたします。なお、助成金は、活動報告が完了した後にお支払い致します。

●第1期応募期間:
2019年6月20日~7月15日
(対象となる実施期間は2019年4月1日~2020年2月28日)
●第2期応募期間:
2019年8月1日~8月30日
(対象となる実施期間は2019年9月1日~2020年6月30日)
●第3期応募期間:
2020年1月1日~1月31日
(対象となる実施期間は2020年2月1日~2020年12月31日)

応募書類送付先およびお問い合わせ先

公益財団法人日本環境協会  藤本倫子環境保全活動助成基金事務局
住所 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-10-5 TMMビル5階
TEL:03-5829-6524 (お電話でのお問い合わせは月曜日~金曜日(祝日を除く)の10時~17時(12時~13時を除く)にお願いいたします。)
Mail:ooenkikin@jeas.or.jp
藤本倫子(ふじもとみちこ)氏

藤本倫子(ふじもとみちこ)氏環境カウンセラー。次代を担う子ども達に美しい地球を引き継ごうと、日々の暮らしの中で取り組むことのできる生ごみの減量化について独自の方法を考案し、全国の自治体や一般市民に対する普及活動を展開。また、小・中学校などで環境についての特別授業を行い、環境を守ることの大切さを熱心に伝えてきた。私財を投じて藤本倫子環境保全活動助成基金を創設。2010年に地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受ける。